ブログトップ

et sona

muuu.exblog.jp

<   2016年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2016 01 29

たまには自家製ハムなど。
今週からお出ししている、黒胡椒で覆い10ヶ月ほど白カビ熟成させた肩ロース。
若干乾燥が進みすぎた感は否めないけど、熟成感はいつもよりあるかと!
あと、思いのほかピリピリでっす!
よしなに。

b0045197_1843630.jpg

[PR]
by a_c_avanzare | 2016-01-29 23:59 | Trackback | Comments(0)

2016 01 27

【お知らせ】

2016年1月より、店内全席禁煙とさせていただきました。
ご確認のほど、よろしくお願いいたします。

愛煙家の方には申し訳ございませんが、灰皿をお渡しいたしますので、室外にて喫煙いただければと存じます。

b0045197_18395446.jpg

[PR]
by a_c_avanzare | 2016-01-27 23:59 | Trackback | Comments(0)

2016 01 26

雪割りのクレソン?、無理を言って出荷してもらった。
さてさてそのお味は?

というか、荷物が予定通りに届くか、が問題だw

b0045197_1904893.jpg

[PR]
by a_c_avanzare | 2016-01-26 23:59 | Trackback | Comments(0)

2016 01 25

こちら、この秋冬にご好評いただいてました生食用のケール。
大きく育った葉から収穫するんですが、寒さが増してきたからか、先日投稿したパクチー同様に成長スピードがかなり落ちてるようす。
というわけで、しばらくはケールの収穫が滞りそうです。
冷え込みが厳しい分めっちゃカーリーにはなってるんですけどねw

b0045197_1804384.jpg


で、こちらもケール。
キャベツの仲間のケールはやはり冬が旬なんですが、生食用のケールって何十種類もあるようなので、春蒔きでいろいろな種類のケールを試してみようかなぁ、とも思ったり。

b0045197_1805587.jpg






さてケール…と思っていたら、弟からメール。
西日本のお天気はニュースの通り大荒れだったよう。
先日投稿したこちらのパクチーを栽培しているトンネル、潰れなくて良かった!
しかしこれ、雪に埋もれたケールは美味しくなるんじゃないか?!、とも思ったりw

b0045197_18354514.jpg

[PR]
by a_c_avanzare | 2016-01-25 23:58 | Trackback | Comments(0)

2016 01 23

広島からも、島根からも、大量にブロッコリー(どちらも有機肥料のみで育てたやつ)が届いた。
全部で10個どころじゃないw
というわけで、シンプルに、鶏とブロッコリーのラグーを仕込むなど。
これは、ソースが絡みやすいようにコンキリエで。
よしなに。

b0045197_18521126.jpg

[PR]
by a_c_avanzare | 2016-01-23 23:59 | Trackback | Comments(0)

2016 12 22

シンプルな根菜のサラダ、よろしければ。

b0045197_18115082.jpg

[PR]
by a_c_avanzare | 2016-01-22 23:59 | Trackback | Comments(0)

2016 01 21

こちら、トンネルを作って栽培しているパクチー。
どうやら昨晩、島根では強い風が吹いたらしく、このトンネルが2列ほど吹き飛ばされたもよう。
そして、朝方の霜にやられその2列は全滅…。
まだ何列かあるのでしばらくは大丈夫ですが、2月中旬以降のパクチー事情は不透明となってまいりました。
暖冬が冬場の栽培には良い方向に作用してたのですが、まぁこれ致し方なし。

しかし、暖冬が続けば、猪などの越冬が楽になり春以降の被害が心配になるし、夏場の水の心配も出てくるし等々、きちんと冬がやってこないとそれはそれでよろしくない事態だったりもするので、とポジティブ思考でまいりましょう!w

b0045197_18402344.jpg

[PR]
by a_c_avanzare | 2016-01-21 23:59 | Trackback | Comments(0)

2016 01 20

まずは、ビールでもないし…、泡でもない…、かといって白でもない…、といわれる方、フリッツァンテ(イタリアの微発泡ワイン)などいかがかと!

泡のリストのなかに、フリッツァンテやヴィーニョ・ヴェルデ(ポルトガルの微発泡ワイン)なんかがあってもいいか?、と思い幾つか飲んだ中で、これは美味しい!と頷いた1本。
心地よく舌にのる小さな泡とシャープなボディ、それに過剰ではない甘さが、軽さという点で飲みやすい。
しかし、果実味もしっかりとあり、飲みやすいワインからもう一つ先の満足感も満たしてくれます。
良い意味でクセがなく、ほとんどの食事との相性も良いので、デザートまでこれで通されても良いかとw

普段あまりワインを飲まれない方から拘りあるワイン通まで、すべての方にお薦めいたします!

b0045197_18363678.jpg

[PR]
by a_c_avanzare | 2016-01-20 23:59 | Trackback | Comments(0)

2016 01 19

花のような、と形容したくなるイタリアの自然派ワイン。
満開のバラを思わせる、芳醇で清廉な香り。
野生の小さな赤いベリーを思わせる、やさしく甘い香り。
そこに、オレンジピールやハーブの香味も現われ、もうその香りだけでも100点!、と言いたくなるほど。
チェザネーゼというほとんど聞いたこともないブドウ品種ながら、ジューシーで瑞々しい赤い果実味を伴って、ひたすらに優しくピュア。

こちら、このところのお気に入りゆえw、特別価格にてご提供中!
よしなに。

b0045197_18513318.jpg

[PR]
by a_c_avanzare | 2016-01-19 23:59 | Trackback | Comments(0)

2016 01 18

まっかなーい。
土曜深夜の、というか日曜早朝の暴挙、手のひらサイズのロースカツ!
ちょっと油の温度が高かったのはご愛嬌w
しかし、なぜに何も添えられていないかというと…

b0045197_18491031.jpg


パクチーレモンカツにしたからw
なかなかよろしゅうございました!

b0045197_18492216.jpg


ところでパクチー、この冬は暖冬で思いのほか育ってたんですが、ここにきて成長スピードがかなり落ちたもよう。
まだしばらくは収穫できそうですが、パクチー好きはお早めに!

✳︎パクチーレモンカツは、今のところメニューにはございません
[PR]
by a_c_avanzare | 2016-01-18 23:59 | Trackback | Comments(0)